SoyUkiyoE®Reiwa*Fuji    |    Home    |    醤油絵皿site    |    designed by FantaSuteki

開発 STORY

  • 醤油絵皿とは
    what's SoyUkiyoe

     注がれた醤油(液体調味料)が、絵文字形成された醤油溜めの凹凸に流動するに従い、 醤油の液位に応じた絵文字(平坦な溝のグラデーション〜立体的な変身)を楽しめる醤油皿。
     この醤油絵コンセプトは、下記の経緯で日本を代表する醤油皿に育った。
    2004年:醤油絵皿3タイプ(FISHシリーズ)を瀬戸の磁器(高い造形力と透過性)で商品化。
    2006年:特許技術(流動と停滞による醤油絵)が東京発明展(特許庁後援)にて奨励賞受賞。
    2010年:特許登録4487279号(発明の名称:絵文字形成皿)。醤油アート展などで普及啓蒙。
    2011年:JAPANブランド(経産省の海外販路支援事業)として、富士などの2タイプを開発し、 6タイプのラインアップが海外でも好評(SoyUkiyoEとしてメゾン・エ・オブジェ出展P14)。
    以後、家庭用と料理店需要の両立の為、ネット(モール等)販売の自粛や小売店の厳選等 を図ると共に、瀬戸(〜美濃)で最高の磁器品質(高透過性の白磁等)を追及し続けた結果、 日本を代表して、国内外で売れる、ユニークな高級醤油皿のブランドを確立( 雑誌例書籍例)。
  • 令和・富士は
    ReiwaFuji is
     改元を奉祝して、令和に愛着が持てる、7タイプ目の醤油絵皿、且つ、 知的財産権的にも、ファンタステキでしかできない醤油絵文字のデザインとして、政府が披露した毛筆を安易にコピー(名入れだけ商品に)するのではなく、 「令」の字の最終縦画が「和」を修飾する様に繋ぐ等の工夫を施しつつ、楷書としてのバランスも整え、 特に少量の醤油絵と透過光が綺麗に現出する様に、流体力学(毛細管現象など)も活用して、日本の象徴を造形した。
  • ファンタステキは
    FantaSuteki is
     日本の物づくりを活用した素敵な商品の開発に取り組むデザイン・レーベル。
    代表の岩田が設計工学や自動車技術、自然等から学んだデザイン・エンジニアリングにより、
    心〜文化を豊かにすべく、ARTワーク(自然観)〜新たな普遍的プロダクトに定評がある。

要約 = Summary
 ファンタステキは、醤油の絵文字を楽しめる特許技術の機能美が、発売(2004年)以来、
国内外で好評を博し、瀬戸と日本を代表する醤油皿となった「醤油絵皿」の新商品として、
富士山形の醤油溜めに新元号を造形したタイプ「令和・富士」を令和元年5月28日に発売。
日本を象徴すべく、北斎の浪裏をモチーフにした富士の裾野に広がる「令和」の文字や
梅花などの凹凸が、醤油の流動に応じて出現する上、白磁ならではの透過光としても
楽しめるので、令和を幕開けから奉祝して愛でられる、磁器レリーフの醤油皿になる。
醤油絵皿の8機能美 = 8Functional Beauty
@注がれた醤油(液体調味料)が、絵文字形成された醤油溜めの凹凸に流動するに従い、
 醤油の液位に応じた絵文字(平坦な溝の現出〜立体的な形状変化や濃淡)を楽しめる。
A貴重な醤油を遠浅に広げ溜め、薬味と共に適量つけて味わえる(料理置き場がある)。
B薬味・箸置き機能。 C皿が倒れず毀れないワイド高台。 D玉縁強度設計(長寿命化)。
E抜群の重ね収納。 F透過光も奇麗な瀬戸の高級磁器。 G各タイプのアニメ・ストーリー。
type 令和*富士 = REIWA*FUJI
「令和・富士」 は、醤油絵の元祖である醤油絵皿(特許技術+高級白磁)のベストセラー:富士
(北斎の浪裏オマージュに森羅万象を表現)が、日本を象徴すべく進化した究極の醤油皿。
タイプ富士の山腹に、「令和」の漢字を特殊な溝で構成し、万葉集典拠となった序文に即して、
高潔や忍耐などを花言葉にする梅花2輪を凹と凸で造形。更に、ピースマークと七宝紋の蕾や、
ハートの花弁を刻印すると共に、山麓の青海波群を蘭(藤袴等)に見立てることにより、吉祥文が
連なる富岳の中に、「令和」の書や紅白梅を、白磁と醤油のコントラスト等で楽しむことができる。
令和の醤油皿・富士
↑ 食事後半の残り醤油 ↑
この醤油溜めは、満杯(手巻き寿司消費量の約15cc)まで注ぐと、醤油の色に応じた
濃淡の中に浪裏の奥行きを深めるが、食事と共に次第に減り行くと、通常は汚く散乱
するだけの残り醤油が、淡いコントラストとなって、食後に美しさを増すのも特徴であり、
少量(小さじ約5cc)の醤油を注いで、食事と共に無二の広がりを楽しむのも乙である。
磁器製醤油皿の透過光
↑ 瀬戸の高級磁器ならではの透過光 ↑
 「令」を日本の規律ある優美として、「令和」には、厳しくも美しい四季などの中に和みを
見い出す自然観を強調すべく、「令」の部首であるヒトヤネが、桜にも見える梅の枝の如く
霊峰に末広がる意匠設計により、豊かな心に育まれ、優美に調和する日本を象徴した。
普段は、皿立て等に飾り置けば、白磁のレリーフをバックライト等の透過光でも愛でられる。
令和醤油皿とパッケージ
↑ 外観と単品パッケージ ↑
悠久の天変地異や戦争に被災しながらも、森羅万象をうけとめて、花鳥風月を楽しむ。
そんな、歴史的にも文化的にも育まれてきた日本の精神の象徴として、譲位である上に、
初の国書典拠になった改元を奉祝すべく、古代に試みられた、吉兆担ぎの祥瑞改元と、
凶事を断つ為の災異改元にも期待し、それらの和魂漢才とも言える成り立ちと同様に、
中国から伝わり、日本で独自に発展した磁器により、醤油絵皿「令和・富士」が完成した。
小売価格1500円程度(消費税別)で、下記の取扱い3店舗から、順次発売する。
瀬戸蔵(セラミックプラザ)、合羽橋(風和里)、築地魚河岸(蔵立)。
プレスリリース(本文) = Press Release
報道関係者各位                           2019年 5月 28日
プレスリリース                            ファンタステキ
------------------------------------------------------------------------------
新元号の醤油絵皿「令和・富士」 を発表・発売

■要約
 ファンタステキは、醤油の絵文字を楽しめる特許技術の機能美が、発売(2004年)以来、
国内外で好評を博し、瀬戸と日本を代表する醤油皿となった「醤油絵皿」の新商品として、
富士山形の醤油溜めに新元号を造形したタイプ「令和・富士」を本日発表・発売する。
日本を象徴すべく、北斎の浪裏をモチーフにした富士の裾野に広がる「令和」の文字や
梅花などの凹凸が、醤油の流動に応じて現出する上、白磁ならではの透過光としても
楽しめるので、令和を幕開けから奉祝して愛でられる、磁器レリーフの醤油皿になる。

■本文

 ファンタステキは、日本の物づくりを活用した素敵な商品の開発に取組むデザインレーベル。
代表の岩田が設計工学や自動車技術、自然等から学んだデザイン・エンジニアリングにより、
心〜文化を豊かにすべく、ARTワーク(自然観)〜新たな普遍的プロダクトに定評がある。
醤油絵皿は、特殊な造形の醤油溜めにより、醤油等が成す絵柄や文字を楽しめる醤油皿。
 この醤油絵コンセプトは、2004年に瀬戸の磁器(高い造形力と透過性)で商品化に成功し、
醤油アート展等で好評を博し、2010年の特許登録(4487279号)を経て、2011年に採択された
JAPANブランド(経産省の海外展開支援)事業の活用もあって(富士等の2タイプを加えた)
6タイプが、日本(瀬戸)を代表するユニークな醤油皿のブランドを確立した(書籍2例⇒)。
http://www.fantasuteki.com/japan/FujisanGoods.jpg
http://www.fantasuteki.com/japan/omiyage-japan-book.jpg
 醤油絵皿の8機能は、下記の通りである。
@注がれた醤油(液体調味料)が、絵文字形成された醤油溜めの凹凸に流動するに従い、
  醤油の液位に応じた絵文字(平坦な溝に現出〜立体的な形状変化や濃淡)を楽しめる。
A貴重な醤油を遠浅に広げ溜め、薬味と共に適量つけて味わえる(料理置き場がある)。
B薬味・箸置き機能。 C皿が倒れず毀れないワイド高台。 D玉縁強度設計(長寿命化)。
E抜群の重ね収納。 F透過光も奇麗な瀬戸の高級磁器。 G各タイプのアニメ・ストーリー。
 本品のベースとなったタイプ富士は、6タイプで一番人気の醤油絵皿であり、北斎の浪裏
を二次元モチーフにして、富士の麓で育った代表の自然観や、富士曼荼羅図の宇宙観を、
楕円の波縁フレーム内に凝縮すべく、魚・青海波・天球等を立体造形することにより、
日本の森羅万象が水の循環で表現された三次元レリーフ(北斎3Dオマージュ)になる。

 醤油絵皿「令和・富士」 は、このタイプ富士を薄肉化し、山腹に刻印された「Fuji」のロゴを
「令和」の漢字に変更した上、万葉集典拠となった序文に即して、高潔や忍耐などを花言葉
にする梅花2輪を凹と凸でそれぞれ造形し、ピースマークと七宝紋の蕾や、ハートの花弁を
刻印すると共に、山麓の青海波群を蘭(藤袴等)に見立てることにより、吉祥文が連なる
富岳の中に、「令和」の書や紅白梅を、白磁と醤油のコントラスト等で楽しむことができる。
 「令」を日本の規律ある優美として、「令和」には、厳しくも美しい四季などの中に和みを
見い出す自然観を強調すべく、「令」の部首であるヒトヤネが、桜にも見える梅の枝の如く
霊峰に末広がる意匠設計により、豊かな心に育まれ、優美に調和する日本の文明を表現。
 更に、知的財産権的にも、ファンタステキでしかできない醤油絵文字のデザインとして、
政府が披露した毛筆を安易にコピー(名入れだけ商品に)するのではなく、「令」の字の
最終縦画が「和」を修飾する様に繋ぐ等の工夫を施し、楷書としてのバランスも整えた。

 普段は、皿立て等に飾り置けば、白磁のレリーフをバックライト等の透過光で愛でられ、
醤油皿使用時は、富士に注がれた醤油により、「令和」や紅梅が染まり、白梅や青海波が
浮上がってから、富士の雪や稜線が現れ出すと、波立つ様に魚が飛び出し、更に醤油が
注がれるか食事で溢れると、山頂から波頭まで形成された浪裏(Great Wave)が完成する。
 それらの奥行きのある醤油のグラデーションは、食事と共に次第に減り行き、通常は汚く
散乱する残り醤油が、赤く淡いコントラストとなって、食後に美しさを増すのも特徴である。

 悠久の天変地異や戦争に被災しながらも、森羅万象をうけとめて、花鳥風月を楽しむ。
そんな、歴史的にも文化的にも育まれてきた日本の精神の象徴として、譲位である上に、
初の国書典拠になった改元を奉祝すべく、古代に試みられた、吉兆担ぎの祥瑞改元と、
凶事を断つ為の災異改元にも期待し、それらの和魂漢才とも言える成り立ちと同様に、
中国から伝わり、日本で独自に発展した磁器により、醤油絵皿「令和・富士」が完成した。

小売価格は、1500円程度(消費税別)で、下記の取り扱い店舗等から、順次発売する。
瀬戸蔵(セラミックプラザ)、合羽橋(風和里)、築地魚河岸(蔵立)。
商品サイト:http://www.fantasuteki.com/soy-fuji-reiwa.html
写真を3枚添付(本サイト上記の3枚)。

NewS

  • 5月28日 醤油絵皿「令和・富士」を発表・発売(プレスリリース
  • 5月27日 本サイト開設(アップロードは28日)。
  • 5月 1日 「令和」に改元。
  • 4月 1日 新元号「令和」公表。
  • 2019年

醤油絵STORY

醤油絵コンセプトの元祖である、醤油絵皿®の特許技術 (醤油の流動と停滞が、皿の一部と共に絵柄や文字を成す)を見直し、 流体力学(毛細管現象など)を活用した意匠設計により、 細密を増した浪裏オマージュは、食事の後半(通常は醜い)に 「令和」の書や紅白梅などの細部を、残り醤油で最も綺麗に見せる様になった。 そして、流体に磨かれたそれらの3D造形は、瀬戸〜美濃地域で 最高峰の白磁ならではの透過光も手伝って、美しい飾り皿としても愛でられる。 醤油と光で日本を象徴する、令和*富士の磁器レリーフが完成した。

▲PAGE TOP
コミュニティー・ガイド
ご購入 について
●右記の販売店からご購入願います。
●当面の間、当店ネット販売は、下記のメール注文のみになります
(その他のネット販売への卸しは行いません)。
●メール注文は、 【ご注文メール】に、
皿数・お届け先の住所・氏名・電話を明記の上、ご送信ください。
お支払いは、銀行振込み(前払いで、お振込み手数料はご負担頂きます)のみで、
送料は、3皿以下が360円、4皿以上が無料になります。
販売状況 について
●2019年5月29日時点の販売店は、
・合羽橋(風和里
・築地魚河岸(蔵立
・瀬戸蔵(セラミックプラザ
各店の在庫状況と営業日時は、個別にご確認ください。
●お問合せ等は、こちらの【メール】で承ります。
SoySETO
ReiwaSoy